こんにちは。管理者【のみけん】です。私が管理している情報サイト【台湾にゅーす】では独断と偏見で台湾人の紹介もしています。
 
しかし、好奇心旺盛な私は直接会ってみたいと常日頃から思うようになったことで、台湾に出張の際はインタビュー実施を決意したのです。
 
日本人は東日本大震災時に台湾から多くの援助をいただいてから台湾をよく理解し始めた訳ですが、まだまだ表面的にしか台湾を理解できないことも多いのではないでしょうか?
 
今後はこのサイト【台灣人~たいわんびと~】を通して、より深く台湾人の心も理解していただきたいと思います。ここではサイトの概要をちょっと説明しましょう。
 
スポンサーリンク

【台灣人~たいわんびと~】でのインタビュー基本方針

まず、このサイト【台灣人~たいわんびと~】における各台湾人に対してのインタビューがどのような方針で進められているか、基本的なことを明確にしておきたいと思います。
 
私も仕事で本格的にインタビューするのは初めてなのですが、すべてのインタビューについて取材に関する謝礼などを向こうの方に提供していません
 
お金を払えば基本的には誰もが応じてくれるとは思いますが、それでは多くの台湾人を紹介していくことは私には物理的にできないからです。

【台湾にゅーす】で紹介した後にインタビュー実施

また、このサイトでいきなり紹介することはなく、基本的にはまず【台湾にゅーす】で先方の許可を得てピックアップして記事を執筆することになります。
 
そして、その後【台湾にゅーす】の記事を先方に気に入ってもらえると、そこで正式にインタビューのオファーを出す流れなのです。
 
取材を受けてくれた台湾の方がインタビューに応じて良かったと思って欲しいので、積極的にこちらが心を込めてまず紹介することしか考えていません。

すでに有名になっている台湾人は基本取り上げない

さらに、このサイトのサブネームにもありますように、基本的には将来有望で【有名でない】台湾人をピックアップすることにしています。
 
台湾は国土が狭い島国でありながらも、情熱的で多様な人材の存在する国です。だからこそ、基本的には老若男女を問わず、いろんな台湾人をインタビューの対象としていく予定です。
 
親日家の多い台湾でもまだまだ日本への知識が少ない方も多くいますので、インタビューを通して良い日本を伝えていきたい思いもあります。
 
スポンサーリンク

インタビュー内容に関する重要なポイント

さて、インタビューと言ってもプロフィールの内容を確認するだけのものであれば大変もったいないですし、そもそも【台灣人~たいわんびと~】というテーマを打ってまでインタビューする意味もありません
 
それでも私が直接台湾人にインタビューを進めたいのは、インタビューしたい内容についてちょっとしたこだわりたいポイントがあるからです。

日本との関係に関する台湾人の持つ思い

その1つとして、台湾人が持つ日本への思いが挙げられます。
 
一般的に日本と台湾は国益だけではなく、友好を前提とした交流状況が成り立っているでしょう。
 
しかし、台湾人が今後日本とどのような関係を維持して行きたいのかは興味深い問題であり、特に若い世代の台湾人に対してインタビューを通して訊いてみたい感じがするのです。
 
これからも台湾人が好きでいてくれるような日本を維持するために、私も日本人として彼らからそのヒントを得たいという思いがあります。

台湾人さえも知らない台湾を多く探っていく

また、台湾人へのインタビューで大きく期待しているのは、台湾人さえも知らない台湾を知りたいという部分です。
 
すでに台湾好きな日本人にとっては台湾の良さは熟知されているのでしょうが、でもそれはまだまだ表面的なものかもしれません。
 
日本人が好きになる台湾はまだまだ多くが見えておらず、それは台湾人でさえも理解していないケースもあるのではないでしょうか?
 
彼らへのインタビューを通して私もまだ知らない台湾を多く知ることができると思うと、これほどワクワクすることはありません
 

インタビューのアポとインタビュー形式について

インタビュー相手をどう見つけるか、これはインタビュアーにとっては大きな問題です。
 
私が台湾に住んでいれば取材先の相手を見つけるのはいつでもできますが、日本に住んでいるとそうは問屋が卸しません
 
ここでは、日本にいながらどうやってアポをとるのか?さらに、どうやってインタビューを上手く進めて行くのかをご紹介します。

基本的にはフェイスブックやツイッター活用

私のインタビューアポは基本的にフェイスブックなどのSNSが中心になり、最初の相手探しの段階になるとネットで偶然見つけたり紹介を受けたりとさまざまです。
 
現段階では台湾における独自の人脈も活用して相手探しもしていますが、将来的にインタビューの実績が増えれば台湾でのインタビュー希望者も自ずと出てくるのではないかと期待しています。
 
もちろん、台湾の街中で突然声をかけてインタビューをいきなりオファーするような行動には出ないつもりです。

のみけんが中国語で全てインタビュー

当然ですが、インタビューは全て中国語で進めます。
 
日本語のやりとりでも内容を忘れてしまう私なので、中国語のインタビューとなるとなおさらです。
 
しっかりとボイスレコーダーに録音して帰国後に文字を書き起こすスタンスなので、1つのインタビューを記事にするには2、3日は掛かるかもしれません。
 
通訳も付けないインタビューなので、ここはインタビュアーとしての強みかなとは思っています。
 
スポンサーリンク

台湾人のための紹介サイト

【台灣人~たいわんびと~】は台湾人を日本に紹介するサイトなので、台湾人のためのサイトだと思われるかもしれません。
 
しかし、私的には日本人のためのサイトだと思っていて日本人が台湾人を中国人ではなく台湾人として常に認識できるようにすることが目的だからです。
 
それにはやはりインタビュー実績をどんどん増やして、日本人にとって台湾をより【身近】で【当たり前】の存在にして行くことが重要かなと思っています。
 
スポンサーリンク
 

ページの先頭へ